Apple、「Mac」向けにARMベースの新型チップ「T310」を開発中か

米Bloombergが、Appleは昨年からARMベースのMac向け新型チップを開発しているようだと報じています。

th_mbp-2016-spgry-family-onwhite_pr_00-0008-227_v1_mr_s-print
そのチップのコードネーム「T310」と呼ばれており、「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Barに電力供給する「T1」チップと似ており、Intel製のプロセッサと共に動作し、「Power Nap」機能といった低電力モード機能の一部を処理する為に用いられるものとみられています。

なお、この新型チップは今年後半に発売される次期「MacBook Pro」に搭載される可能性があるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で