新ファイルシステム「APFS」を採用した「iOS 10.3 beta 1」、端末の起動時間が「iOS 10.2.1」に比べ18〜25%高速化

VMware Fusion 8.5

Appleは先日にリリースした「iOS 10.3 beta」で新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」を採用しましたが、APFSを採用した「iOS 10.3 beta 1」を搭載した端末では「iOS 10.2.1」を搭載した端末に比べ起動時間が速くなっている事が分かりました。

ios10logo
下記動画はiAppleBytesが「iOS 10.12.1」と「iOS 10.3 beta 1」をインストールした「iPhone 5/5s/6/6s」の起動時間を比較したテスト映像で、「iOS 10.3 beta 1」を搭載している方が総じて起動時間が速くなっており、約18〜25%高速化されています。


 iOS 10.2.1iOS 10.3 beta 1
iPhone 548.06秒40.49秒
iPhone 5s35.80秒29.92秒
iPhone 629.08秒23.08秒
iPhone 6s18.15秒15.15秒

私自身がファイルシステムに詳しくない為、これが「APFS」によるものなのかは正確には分からないのですが、「APFS」はフロッピーディスクやハードディスクが主流の時代に開発された「HFS」や「HFS+」を置き換えるために作り出されたファイルシステムで、フラッシュ/SSDストレージに最適化されており、よりサイズの大きなファイルを大量に取り扱えるようにすることを目標にして設計されています。

なお、iAppleBytesでは起動時間以外にも様々なアプリの起動速度などを比較した映像も公開していますが、起動時間以外では特に大きな差はないように見え、起動時やゲームなどの大容量アプリの起動時の方が「APFS」採用による効果があるのかもしれません。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で