「watchOS 3.2」ではシアターモードが利用可能に

本日、Appleが、「watchOS」の次期バージョンである「watchOS 3.2」の変更点に関する資料を公開し、「watchOS 3.2」では新たにシアターモードという機能が搭載されることが分かりました。

th_th_WatchOS3_Hero_3Up_PR-PRINT
シアターモードは、設定するとサウンドがミュート状態になる他、「手前に傾けてスリープ解除」もオフになる為、映画館やコンサート会場などで不用意に音が出たり、画面が点灯したりすることを防ぐことが可能になります。

ただ、通知の振動に関してはオンになったままなので、ディスプレイをタップしたりデジタルクラウンを押すことで通知を確認可能です。

なお、現在のところ「watchOS 3.2」のベータ版はまだリリースされていません。


[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で