Apple、次期「iPad」シリーズで新たに10〜10.5インチのハイエンドモデルを投入か

Apple関連の予測情報でお馴染みのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、Appleの「iPad」シリーズに関する最新の予測レポートを公開し、Appleは2017年に9.7インチ、10〜10.5インチ、12.9インチの3つの「iPad」を発売するようだと報告しています。

apple-ipad-pro-a1584
まず、12.9インチモデルは現行の「iPad Pro 12.9インチ」の第2世代モデルで、10〜10.5インチモデルは狭額ベゼルを採用したハイエンドモデルとなり、9.7インチモデルは低価格モデルになるとのこと。

また、12.9インチモデルと10〜10.5インチモデルはTSMCが製造するA10Xチップを搭載し、9.7インチモデルはSamsung製のA9チップを搭載するとのこと。

なお、これまでの情報では、次期「iPad」シリーズでは10.9インチモデルが新たに追加され、9.7インチ/10.9インチ/12.9インチの3モデル構成になるとの情報でした。

今回の情報では10〜10.5インチとなっていますが、次期「iPad」シリーズでは10〜10.9インチの新たなサイズのモデルが追加される可能性が高そうです。


[via MacRumors


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で