Intelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」のデスクトップ向けモデルは来年1月6日に発売か

Intelの第7世代Coreプロセッサこと「Kaby Lake」のデスクトップ向けモデルは2017年1月6日より販売が開始されるかもしれないことが分かりました。

intel_story
AKIBA PC Hotline!によると、ドスパラパーツ館が1月6日(金)に早朝販売を実施すると告知しており、詳細は明らかにされていないものの、深夜や早朝販売を行う場合は話題性の高い製品が発売される事が多いことや、デスクトップ版「Kaby Lake」が2017年1月に発表される予定であることから、デスクトップ版「Kaby Lake」の販売が開始されるものと予想されています。

デスクトップ版「Kaby Lake」のラインナップは下記の通りになると言われており、同製品が発売されると次期「iMac」シリーズの登場に期待が高まりますが、次期27インチモデルの基本モデルには「Core i5-7600」と「Core i5-7500」が採用され、CTOとして「Core i7-7700K」が選択可能になるものと予想され、次期21.5インチはコスト低減の為、現行と同じく一世代前のSky Lakeが採用される可能性が高そうです。

ss 2016-08-20 1.37.48
なお、次期「iMac」の発売時期は不明ですが、上記の話からCPUは年明けには出揃う為、早ければ3月以降にも発売される可能性が出てきました。


[Thanks! A.Sさん]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で