Google、国内での「Android Pay」のサービス開始を発表

VMware Fusion 8.5

Googleが、本日から、Android スマートフォン用の新しいデジタルウォレット「Android Pay」の国内での提供を開始すると発表しました。



このサービスにより、簡単かつ便利に支払いやポイント獲得ができるようになり、「Android Pay」の提供は日本で9カ国目となります。

まず、楽天Edyとの提携により、国内のビックカメラ、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ヨドバシカメラなど、国内 47万以上の楽天Edy対応店舗で「Android Pay」による支払いが利用でき、2017年には、フェリカネットワークスとの連携により「Android Pay」に対応する電子マネーの種類も増える予定とのこと。



また、三菱東京UFJ銀行、Visa、Mastercardなどの企業との協力により、お気に入りのアプリからの Android Pay チェックアウトなど、今後もより多くのサービスの提供を予定しているそうです。

「Android Pay」を利用するには、Google Play ストアから対応 Androidスマートフォン(Kitkat 4.4 以上)にアプリをダウンロードし、直接アプリから対応している電子マネーを追加でき、すでにモバイル楽天 Edy を利用している場合には、持っているアカウントを「Android Pay」に連携できます。

また、「Android Pay」からの入金は、その場でアプリからクレジットカードで、もしくは楽天 Edy 対応店舗での直接入金の両方に対応しており、支払いを行うには、スマートフォンを電子マネーリーダーにかざすだけとなっています。

なお、「Android Pay」アプリは、本日より Google Play からダウンロード可能で、「Android Pay」に新規で楽天 Edy を追加すると、期間限定オファーとして400 円のサインアップギフトが付与されるキャンペーンも実施されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で