新型「MacBook Pro」でGPUに関する様々な不具合が報告されている事が明らかに

9To5Macによると、新型「MacBook Pro」こと「MacBook Pro (Late 2016)」を利用している一部のユーザーから、ディスプレイの表示がおかしくなるなどGPUに関する様々な問題が報告されていることが分かりました。

th_glicth1
「Adobe Premier」や「Adobe Media Encode」といったAdobe製のアプリや「写真」アプリを利用した際に、画面がちらついたり、表示が崩れたり、最終的にはクラッシュするなどといった問題が報告されており、問題発生時の様子を撮影したものが下記の映像となっています。




なお、9To5Macが行っているアンケート調査を見る限り、発生率は違うものの「MacBook Pro (Late 2016)」の全てのモデルで報告されているようで、一番多いのは15インチでGPUに「Radeon Pro 460」を搭載したモデルとなっており、統合GPUとディスクリートGPUの両方で問題が報告されています。

th_ss-2016-11-26-3-46-14
これら不具合の発生原因などは不明ですが、ソフトウェアアップデートで修正可能であれば良いですが…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200