総務省、SIMロック解除などに関するガイドラインの改正案を公開 ー 一括購入時は即日SIMロック解除が可能に

総務省は、昨日にSIMロック解除やスマートフォン端末購入補助についての改正ガイドラインを公開し、SIMロック解除は大幅に条件が緩和される予定であることが分かりました。

th_ss-2016-11-19-9-58-36
SIMロック解除については、2015年5月以降に発売された端末から原則として義務化されており、ドコモが6カ月、auとソフトバンクが180日のSIMロック解除猶予期間を設けていますが、今回公開された改正ガイドラインではこのSIMロック解除猶予期間の短縮が主な焦点となっており、端末を割賦払いで購入した場合は100日程度以下まで短縮され、端末を一括で購入した場合は、即時SIMロックの解除を可能にするようになるとのこと。

100日程度への期間短縮は2017年8月1日から、一括購入時の即時SIMロック解除は2017年12月1日から適用される見込み。

また、MVNO向けのSIMロック廃止も2017年8月1日以降に発売される端末に適用される予定です。

なお、現在はこれら改正案への意見が2016年12月19日まで公募されており、寄せられた御意見を踏まえ、速やかに改正を行う予定とのこと。

 ・総務省


[via ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200