次期iPhoneへの搭載が噂されている有機ELディスプレイ、供給量に問題か

Appleが来年に発売する次期「iPhone」では有機ELディスプレイが採用されると言われていますが、ブルームバーグが、事情に詳しい複数の関係者の話として、Appleにとって有機ELディスプレイの供給量が問題になる可能性があると報じています。

th_iphone7ss
有機ELパネルの主要供給元であるSamsung DisplayとLG Display、シャープ、ジャパンディスプレイの4社は、次期「iPhone」用のディスプレイを全て生産できる能力が来年中に十分に整わないようで、2018年も制約は続く見通しで、Appleにとって難題となる可能性があるとのこと。

これまでに有機ELディスプレイは5.5インチのプレミアムモデルにのみ採用されるとの情報もありましたが、供給量が足りない場合、本当に一部機種のみということも有り得るのかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200