Apple、「マップ」アプリの渋滞状況機能の提供地域を拡大 ー ブルガリアやスロベニアなどで利用可能に

Appleが、「マップ」アプリの渋滞状況機能の提供地域を拡大し、新たにブルガリア、ジブラルタル、スロバキア、スロベニアで利用可能になりました。

th_ss-2016-11-11-0-37-58
同機能は地図上に渋滞状況をリアルタイムで表示してくれるもので、今回の提供地域拡大により46の国及び地域で利用可能になりましたが、残念ながら同機能は日本ではまだ利用可能となっていません。

 ・マップ:渋滞状況


[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で