「ポケモンGO」、米App Storeのトップセールスランキング1位から陥落 ー 74日ぶり

人気ゲーム「ポケモンGO」が、米国のApp Storeの”トップセールス”ランキングで、ついに1位から陥落した事が分かりました。

pokemongo2

「ポケモンGO」はリリースから1日後に米国のApp Storeの”トップセールス”ランキングで1位になり、その後、74日間もの間、1位の座を守ってきましたが、ついに1位の座を明け渡したようです。

「ポケモンGO」に代わって1位になったのはスーパーセルの人気ゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」で、”トップセールス”ランキングで1位になった日数が最も多いのは同じくスーパーセルの「クラッシュ・オブ・クラン」で347日、2位は「キャンディークラッシュ」の109日、そして3位に「ポケモンGO」(74日)となっています。

pokemon-go-top-grossing-comparison

なお、日本のApp Storeの”トップセールス”ランキングでは、7月22日のリリース直後に1位になったものの、8月1日までに4位に転落し、現在は5位となっています。

また、まだオーストラリア、英国、ベルギー、デンマーク、ポーランド、ポルトガル、タイ、ルクセンブルクの8カ国では1位の座を守っており、38カ国でトップ5にはランクインしています。


Pokémon GO
価格:無料 (記事公開時)


[via SensorTower

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で