「iPhone 7 / 7 Plus」のRAMの容量の差、パフォーマンスには大きく影響しない模様

「iPhone 7」シリーズのRAMの容量は「iPhone 7」が2GB、「iPhone 7 Plus」が3GBとなっていますが、本日、9To5Macが、RAMの容量の差がパフォーマンスに影響しているのかどうかを「Safari」を使ってテストした映像を公開しました。

th_iphone7ss
比較テストでは、「Safari」のタブで開いているページをどれだけキャッシュ出来ているかどうかを比較しており、「iPhone 6」の1GBから「iPhone 6s」の2GBに増えた際はこのテストでは大きな変化があったものの、「iPhone 7」の2GBと「iPhone 7 Plus」の3GBでは同じ数のタブをキャッシュ出来ており、パフォーマンスに大きな差がないことが分かりました。

ただ、タブの数をもっと増やせば違いが出てくる可能性がありますし、他の場面で何らかの差がある可能性もあります。


なお、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の「A10 Fusion」プロセッサはRAMの容量以外は同じスペックとなっており、「iPhone 7 Plus」ではデュアルレンズカメラで撮影した写真の画像処理の為に3GBのRAMが搭載されているものとみられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で