KDDI、20GBと30GBの大容量データ定額サービス「スーパーデジラ」を9月15日より提供開始へ

本日、KDDIが、2016年9月15日より、大容量データ定額サービス「スーパーデジラ」として、「データ定額20」(月額6,000円)、「データ定額30」(月額8,000円) の提供を開始することを発表しました。

aulogo_blank_win
ユーザーのデータ利用量に応じて、「データ定額20」(月額6,000円)、「データ定額30」(月額8,000円) の2種類から選ぶことが可能で、通話回数の制限なく5分以内の国内通話が無料となる電話かけ放題プラン「スーパーカケホ (電話カケ放題プランS)」と「データ定額20」を組み合わせることで「月額8,000円」から、auスマートバリュー適用時には最大2年間「月額6,590円」から利用可能となっています。

さらに、「データくりこし」を利用することで、余ったデータ容量を全て翌月に繰り越すことができるほか、「スーパーデジラ」の提供開始同日より、「テザリングオプション」を無料で利用出来るキャンペーンが実施されるとのこと。

なお、「スーパーデジラ」の提供開始に伴い、2016年9月14日をもって「データ定額8/10/13」の新規申し込み受け付けは終了するものの、「データ定額8/10/13」を現在利用しているユーザーは継続して利用可能とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で