「macOS Sierra」にOLEDタッチバーやTouch ID、USB 3.1に関するヒントが

次期「MacBook Pro」にはファンクションキーの代わりとして有機ELディスプレイを採用したタッチバーが搭載されると噂されていますが、昨日に公開された「macOS Sierra」のベータ版に次期「MacBook Pro」へのタッチバー搭載を予想出来るヒントが見つかった事が分かりました。

th_27292118240_c4897c6c02_b
そのヒントとは「macOS Sierra」に新たに含まれているAPIで、Appleが公開している資料から「kHIDUsage_LED」に続いて「Power」や「NightMode」、「DoNotDisturb」などが記述されたコードが用意されている事が確認出来ます。

他にも、再生や早送り/巻き戻し、ポーズなどに関するコードもあり、タッチバーには様々な機能を振り分けることが出来るようになる事が予想出来ます。

また、「macOS Sierra」では生体認証に関する記述も見つかっており、Touch IDの搭載が予想される他、USB 3.1のサポートが予想出来る「USB Super Speed+」といったリソースも見つかっています。


[via 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で