ソフトバンクとKDDIも長期契約者向けの割引きを新たに導入へ

日本経済新聞が、ソフトバンクとKDDI(au)が、NTTドコモに続き、長期契約者向けの割引きを新たに導入するようだと報じています。

audocosoflogo
携帯電話大手3社はこれまで長期利用者への還元は乏しく、総務省が実質0円を撤廃させる一方で、長期利用者の優遇策を打ち出すよう求めていたのですが、ソフトバンクは契約から一定期間が過ぎた利用者を対象に、月々の通信料を割り引いたり通信データ量を上乗せしたりする案を検討しており、近く導入する予定とのこと。

また、KDDIは、契約から5年が過ぎると、毎月使えるデータ容量を増やす「長期優待データギフト」を提供していますが、同社の田中孝司社長は日本経済新聞の取材に対し、「長期割引き(の不在)が問題となっており、検討しないといけない」と述べ、料金の割引きに踏み込む考えを示した上、単純な値引きと一線を画す特典を加える可能性も示唆したそうです。

更に、NTTドコモについても、新たに値引き額の増額や長期割り適用の前倒しなどを打ち出す方針のようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で