「iPhone SE」は「iPhone 6s」よりも壊れやすい ー SquareTradeが様々な耐久テストを実施

SquareTradeが、「iPhone SE」と「iPhone 6s/6s Plus」の3製品の様々な耐久テストを実施した映像を公開しました。


まずは、水を張った5フィート(約1.5m)の筒に水没させるテストで、「iPhone SE」は約1分で動かなくなり、「iPhone 6s」はスピーカーが壊れたものの、30分経っても動作し、「iPhone 6s Plus」は10分で誤作動が始まり最終的に動かなくなったそうです。

折り曲げテストでは、「iPhone 6s」は170ポンド(約77㎏)で曲がり始めるものの、「iPhone SE」は160ポンド(約72.5㎏)の負荷で曲がり始め、178ポンド(約80㎏)で致命的なダメージを負う事が分かったそうです。

次に、落下テストは、専用の機械を使い、6フィート(約1.8m)の高さから様々な角度で落とすもので、ディスプレイ側から落とした場合は全てのモデルでガラスが割れてしまったものの、本体の角の部分から落とした場合は、「iPhone 6s/6s Plus」はケースに傷が付いただけだったのに対し、「iPhone SE」はガラスが割れてしまったそうです。

なお、SquareTradeでは、様々な耐久テストをした結果に加え、各端末の構造や質量、グリップ性などを考慮し、各端末ごとに壊れ易さを示すスコアを付けており、今回テストが実施された各製品のスコアは下記の通りで、「iPhone SE」は「iPhone 6s Plus」ほどではないものの、「iPhone 6s」よりは壊れやすいといった評価になりました。
(点数が高いほど壊れやすく、過去に公開された旧iPhoneのスコアも参考までに載せてあります)

・iPhone SE:5.5点
・iPhone 6s:4.0点
・iPhone 6s Plus:6.5点
・iPhone 5s:5.5点
・iPhone 5c:6.0点

[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で