『iOS』の歴代バージョンのコードネーム一覧

過去にも一度お伝えした事がありますが、「iOS」の歴代バージョンのコードネームを紹介します。

iOS9
「iOS」の各バージョンのコードネームは、スキーリゾートの名称がつけられており、途中まではアメリカ国内のスキーリゾートだけでしたが、「iOS 7」以降は「Innsbruck」(オーストリア)や「Sochi」(ロシア)など、海外のスキーリゾートの名称も使われています。

バージョンコードネーム
1.0Alpine
1.1Little Bear
1.1.1Snowbird
1.1.2Oktoberfest
2.0Big Bear
2.1Sugarbowl
2.2Timberline
3.0Kirkwood
3.1Northstar
3.2Wildcat
4.0Apex
4.1Baker
4.2Jasper
4.3Durango
5.0Telluride
5.1Hoodoo
6.0Sundance
6.1Brighton
7.0Innsbruck
7.1Sochi
8.0Okemo
8.1OkemoTaos
8.2OkemoZurs
8.3Stowe
8.4Copper
9.0Monarch
9.1Boulder
9.2Castlerock
9.3Eagle

なお、「OS X」の内部コードネームは「ワイン」に関連した名称が採用されている事が分かっています。

[via iMore

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で