2015年の国内パソコン出荷実績 − Appleのシェアは3年連続で6位に

本日、MM総研が、2015年暦年(1月~12月)の国内パソコン出荷実績を調査した結果を発表し、国内パソコン市場の総出荷台数は前年比31.9%減の1,016.5万台、出荷金額は前年比26.6%減の8,738億円となった事が分かりました。

imac5k
前年比大幅減の要因は、Windows XP機の入れ替え特需の反動や、円安によるパソコン本体価格の値上げなどが挙げられています。

また、メーカー別シェアの推移をまとめたものが下記の表で、去年と順位に変わりはなく、NECレノボがシェア27.1%で1位で、Appleは3年連続で6位となっています。
(括弧内はシェアの数値 / 2013年と2012年のシェアの数値は不明)

 2015年2014年2013年2012年
1位NECレノボ
(27.1%)
NECレノボ
(27.1%)
NECレノボNECレノボ
2位富士通
(17.2%)
富士通
(19.3%)
富士通富士通
3位東芝
(12.1%)
東芝
(12.5%)
東芝東芝
4位日本HP
(11.0%)
日本HP
(10.9%)
Dell日本HP
5位Dell
(10.6%)
Dell
(11.1%)
日本HPDell
6位Apple
(7.2%)
Apple
(5.1%)
Appleソニー
7位ASUS
(3.3%)
ASUS
(2.9%)
ソニーApple

[出典:「(株) MM総研 [ 東京・港 ] 」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で