NTTドコモ、2月1日より「iPhone 6s」を約1万円に値上げへ ー 実質0円を撤廃

本日、Sankei Bizが、NTTドコモは2月1日から、「iPhone 6s」の販売価格を現在の「実質0円」から約1万円に引き上げる事が分かったと報じています。

200804-docomo-logo
「iPhone 6s」の16GBモデルは実質0円の販売が常態化しているが、毎月の通信料金から約3,500円割り引く「月々サポート」を見直し、約1万円上乗せするとのこと。

また、NTTドコモは、割引制度の見直しと、家族向けのデータシェアパックに新たに7GB前後の料金プランを新設する予定で、最新端末の実質0円撤廃は「iPhone」以外のスマホでも実施されるものの、旧モデルは在庫処分の為に実質0円端末が一部で残るものとみられています。

なお、ドコモは月々サポートや「のりかえボーナス」の見直しなどにより「iPhone 6s」の実質0円販売を撤廃するものの、端末契約1台当たり2~4万円程度の販売奨励金は継続し、代理店の独自割引などで店頭価格は1万円以下になる模様。


[via ringo-sanco

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で