Apple、2016年1−3月期に「iPhone 6s/6s Plus」を3割減産か

本日、日本経済新聞が、国内外の部品メーカーによると、Appleは「iPhone 6s/6s Plus」の2016年1~3月期の生産量を、計画に比べ3割程度減らすようだと報じています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
減算の理由としては、中国や日本、欧米などの各市場で流通在庫が積み上がっている為で、前のモデルに比べて機能向上が乏しかったと受け取られたことに加え、ドル高が進み新興国で大幅な値上げをしたことが販売低迷につながったとみられています。

在庫を圧縮すれば減産は終える見通しで、4~6月期には元の水準に戻すとみられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で