NTTドコモ、他社から乗り換え時のキャッシュバックを廃止へ − 実質0円も一部見直しへ

総務省は12月16日に携帯電話の料金引き下げの方策を取りまとめる予定で、他社からの乗り換えを促すため、利用者に商品券などで多額のキャッシュバックを行う販売方法の取り扱いが焦点の1つになっていますが、NHKニュースによると、NTTドコモが、乗り換える利用者だけを優遇し、不公平だという指摘を踏まえ、キャッシュバックを廃止する方針を固めた事が分かりました。

200804-docomo-logo

NTTドコモは、キャッシュバックの元手はすでに加入している利用者の通信料金であることから不公平だという指摘を受け、キャッシュバックを行う販売方法を廃止する方針を固めたようで、約2400に上る全国の販売代理店への監督や指導を通じて徹底させることになったそうです。

また、NTTドコモは、乗り換える利用者を対象にスマートフォンの端末の料金を実質0円などとうたって販売する手法についても、一部見直す予定とのこと。

なお、キャッシュバックについては、KDDIやソフトバンクも見直しを検討中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で