国内携帯3社、11月19日より「エリアメール」及び「緊急速報メール」にて「特別警報」も配信開始へ

本日、NTTドコモとKDDIとソフトバンクが、ドコモが提供する緊急速報「エリアメール」、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクが提供する「緊急速報メール」において、気象庁が発表する「特別警報」の配信を2015年11月19日午前11時から開始する事を発表しました。

audocosoflogo
緊急速報「エリアメール」及び「緊急速報メール」は特定エリアの携帯電話やスマートフォン等に対して輻輳の影響を受けにくい方式でメッセージを一斉配信するサービスで、従来は気象庁が発表する「緊急地震速報」や「津波警報」、各自治体が住民に避難勧告等を発令する「災害・避難情報」を配信していました。

11月19日午前11時以降は、「緊急地震速報」や「津波警報」、「災害・避難情報」に加え、数十年に一度発生する程度の大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪が予想される場合に発表される「気象等に関する特別警報」と、居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生又は予想される場合に発表される「噴火に関する特別警報 」の2つに関する速報も配信されるようになります。

なお、今回の発表に関する詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で