2015年度上期の国内携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェア、Appleが8半期連続で1位を獲得

本日、MM総研が、2015年度上期(2015年4月~2015年9月)の国内携帯電話端末出荷台数を調査した結果を発表しました。

Apple-iPhone-6-vs-Sony-Xperia-Z3-Compact
2015年度上期の携帯電話の出荷台数は1,638万台(前年同期比3.8%増)で、そのうちスマートフォンの出荷台数は1,262万台(同20.2%増)となり、総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は77.0%(同10.5ポイント増)となりました。

また、携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェアは、Appleが631万台(前年同期比5.0%増)、シェア38.5%(前年同期比0.4ポイント増)で2011年度下期以降、8半期連続1位となり、2位はシャープ、3位はソニーモバイルコミュニケーションズ、4位は富士通、5位は京セラの順となりました。

1446101568-1
【photo credit:MM総研】


更に、スマートフォンのメーカー別出荷台数シェアは、1位はAppleで631万台(スマートフォン出荷台数シェア 50.0%)、2位はソニーモバイル、3位はシャープ、4位は富士通、5位はSamsungの順となり、スマートフォンのOS別出荷台数シェアは、iOSとAndroidが50%ずつと同数になったそうです。

1446101568-2
【photo credit:MM総研】


なお、詳しいレポートはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で