Apple、「watchOS 2.0.1」を正式にリリース

本日、Appleが、「watchOS 2.0.1」を正式にリリースしました。

watchos2ss1
「watchOS 2.0.1」では、新しい絵文字、パフォーマンスの改善に加え、以下の変更点が加えられています。

・ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題を修正
・バッテリーのパフォーマンスに影響していた問題を修正
・管理対象のiPhoneで、iOSのカレンダーのイベントをApple Watchに同期出来ない問題を解決
・位置情報が適切にアップデートされない問題を修正
・Digital Touchで電話番号ではなくメールアドレスから送信されることがある問題を修正
・Libe Photoを文字盤として使っている時に不安定になることがある問題に対処
・Siriを使って心拍数を計測している時に、センサーが無制限にオンになる問題を修正


なお、アップデートは「Apple Watch」アプリの「一般>ソフトウェア・アップデート」から可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で