「iPhone 6s」の「A9」プロセッサ:新たなテストでは製造元の違いによる性能差はなく、バッテリー性能は逆の結果に

何かと話題の「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサの製造元に関する件ですが、Tom’s Hardwareが、両デバイスとも同じ設定になるように独自に開発した厳格なテスト手順を使用して、Samsung製「A9」プロセッサとTSMC製「A9」プロセッサを搭載した「iPhone 6s」で各種ベンチマークテストを行った結果を公開しています。

a9chip

その結果が下記の通りで、ベンチマークテストには総合ベンチマークソフトの「Basemark OS II」、CPU性能を測定する「Geekbench 3」、グラフィックス性能を測定する「3DMark」と「GFXBench 3.0」が使用され、各スコアの差はほとんどが±2%以内と誤差範囲内となっており、大きな差がない事が分かりました。

SS 2015-10-15 12.53.30

また、「Basemark OS II」と「GFXBench 3.0」のバッテリーテストを行った結果が下記の通りで、これまでのテスト結果とは全く逆の結果となっており、Samsung製「A9」プロセッサを搭載したモデルの方がバッテリー駆動時間が長く、表面温度もSamsung製の方が低い結果となりました。

SS 2015-10-15 12.53.11

Tom’s Hardwareではこれらのテスト結果から、14nmプロセスを採用しているSamsung製「A9」プロセッサの方が、16nmプロセスのTSMC製「A9」プロセッサよりもより良いパワー効率を提供するように見えるものの、サンプル数が少なくあくまで参考までとのこと。

ただ、「iPhone 6s」を購入する際にプロセッサの製造元について心配しなくても良いだろうと締めくくっています。

なお、過去のテスト結果などは下記のエントリをご覧下さい。








この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で