「iPhone 6s / 6s Plus」に搭載されている「A9」プロセッサは製造メーカーによりダイサイズが異なる事が判明

Chipworksによると、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」に搭載されている「A9」プロセッサは製造メーカーによりダイサイズが異なる事が分かりました。

blog image6

「A9」プロセッサはSamsungとTSMCが製造しており、まずSamsungが製造した「A9」プロセッサ「APL0898」の大きさは96㎟ですが、TSMCが製造した「A9」プロセッサ「AAPL1022」の大きさは104.5㎟で、8.5㎟の違いがあるそうです。

このダイサイズの違いにより性能面での違いがあるのかはまだ分かっておらず、Chipworksでは調査を継続するとのこと。

[via 9 to 5 Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で