「iPhone 6s/6s Plus」のレビュー記事が解禁 ー 「A9」プロセッサと「A8」プロセッサの仕様を比較

本日、国内外のメディアで「iPhone 6s/6s Plus」のレビュー記事が解禁となり、早速、Macお宝鑑定団Blogが、「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサの詳細な仕様や各種比較ベンチマーク結果を公開しています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
まず、両モデルの「A9」プロセッサの仕様は下記の通りで、「iPhone 6/6 Plus」の「A8」プロセッサに比べ、動作周波数とRAM以外にL3キャッシュの容量も上がっています。

 A8プロセッサ(iPhone 6/6 Plus)A9プロセッサ(iPhone 6s/6s Plus)
動作周波数最大1.4GHz最大1.85GHz
コア数2コア2コア
RAM1GB2GB
L2キャッシュ64KB64KB
L3キャッシュ1MB3MB

ベンチマーク結果については、プロセッサの性能の測定に特化した「Geekbench 3」やJavaScriptのベンチマークである「SunSpider 1.0.2 JavaScript Benchmark」での測定結果を公開しており、詳細は下記リンク先へどうぞ。

 ・iPhone 6s ベンチマークレポート
 ・iPhone 6s Plusベンチマークレポート

また、ジャーナリストの松村太郎氏や石川温氏も各レビュー記事を公開しているので、そちらも是非ご覧下さい。

 ・新型iPhoneを2週間使い続けて体感したこと – 松村太郎
 ・新型「iPhone 6s」を12日間使ってみた – 石川温

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で