「iPhone 6s」シリーズのFaceTimeカメラはやはり500万画素にアップグレードか

9 to 5 Macによると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 6s」シリーズのFaceTimeカメラ(フロントカメラ)は500万画素になると報告している事が分かりました。

6s
背面のiSightカメラについては、落下試験に問題がある事からレンズカバーにはサファイアガラスは採用されないとも報告していますが、他のどのような素材が採用されるのかは言及されていません。

また、ストレージ容量のラインナップは「iPhone 6」と同じく16GB/64GB/128GBになり、他にはForce Touch(感圧タッチ)技術や新カラーとしてローズゴールドモデルが追加されるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で