Microsoft、電子ペーパー製のタッチスクリーンディスプレイを搭載したタブレット用キーボードカバーの試作機を披露

本日、米Microsoftが、e-ink(電子ペーパー)製のサブディスプレイを搭載したタブレット用キーボードカバー『DisplayCover』の試作機のデモ映像をYouTubeで公開しました。

th_SS 2015-08-25 21.15.20
その映像が下記動画ですが、キーボードの上部にe-ink製で解像度1280×305ピクセルのサブディスプレイが搭載されており、マルチタッチにも対応していて、画面の拡大縮小やスクロールなどといったトラックパッドのような使い方から、アプリの起動や切り替えなどといったスタートメニューのような使い方も可能となっています。

なお、この映像を公開したのはMicrosoftのApplied Science部門で、同部門の研究プロジェクトの1つである事から、実際に製品化されるのかどうかは不明です。


[via Neowin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で