VMWare、人気仮想化ソフトウェアの最新版「VMWare Fusion 8」を発売

本日、VMWareが、同社の人気仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」の最新版である「VMWare Fusion 8」と「VMWare Fusion 8 Pro」をリリースしました。
vmw-scrnsht-fusion-windows-10 「VMWare Fusion 8」は「OS X El Capitan」向けに設計されており、「Windows 10」の最新リリースにも対応し、パーソナルアシスタント「Cortana」などの「Windows 10」の最新機能を活用したり、新しいウェブブラウザである「Edge」を「Safari」とともに実行したりすることもできます。

また、高度な64ビットエンジンにより「OS X El Capitan」の内部のパフォーマンスが強化されている他、最大16個の仮想CPU、8TBの仮想ディスク、および最大64GBのメモリを搭載した高性能な仮想マシンを作成して、最も要求の厳しいアプリケーションを実行することが可能です。

他にも、バッテリーの持続時間の改善や「iMac Retina 5K ディスプレイ」への最適化が進められています。

価格は「VMWare Fusion 8」の通常版が9,990円、アップグレード版が6,290円、「VMWare Fusion 8 Pro」の通常版が24,690円、アップグレード版が14,890円となっています。

なお、詳細は下記リンク先へどうぞ。

 ・VMWare Fusion 8
 ・VMWare Fusion 8 Pro

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で