Microsoft、「Surface Phone」の開発を継続中?! 「Windows 10 Mobile」を搭載してテスト中か

2012年に「Juggernaut Alpha」というMicrosoftの独自ブランドのスマホ「Surface Phone(仮称)」とみられる端末がベンチマークソフトのデータベースに登場した事があったものの、その後、同端末は市場には出てきていないのですが、本日、久々にその「Juggernaut Alpha」の情報が出てきました。

qJ8SQ2s
上記画像はWMpoweruserが情報筋より受け取ったとされるスクリーンショットで、「Windows 10 Mobile」のプレビュー版でテストされている事が分かります。

また、そのスペックは下記の通りで、「Surface Phone」として2015年末から2016年初め頃に登場するのではないかとみられていますが、これらの情報が本当かどうかは確認出来ていないとのこと。

・ディスプレイ:5.5インチ(2560×1440/16:9/AMOLED/Gorilla Glass 4)
・CPU:Intel Atom x3 (SoFIA) 64-bit
・メインカメラ:2100万画素 PureView Zeiss 6-lens
・フロントカメラ:800万画素 Zeiss Wide-Angle
・RAM:3~4GB
・OS:Windows 10 Mobile
・ストレージ:64GB/128GB(MicroSDで256GBまで拡張可能)
・その他:Surfaceペン、USB Type-C、ワイヤレス充電
・筐体:アルミ&マグネシウム製ユニボディ

(追記)
WMpoweruserの当該記事のコメント欄にて、同端末が搭載するとされているプロセッサ「Intel Atom x3(SoFIA)64bit」は、1920×1080までの解像度しかサポートしておらず、他にもUSB Type-Cをサポートしていない事などから、この情報はフェイクの可能性が高いと指摘されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で