「iPod touch (第6世代)」は理想的なモバイルゲーム機 − 各種iOSデバイスとの比較ベンチマークテスト結果

先日発売された「iPod touch (第6世代)」には1.1GHzのA8プロセッサが搭載されている事が明らかになっていますが、Arstechnicaが、「iPod touch (第6世代)」と「iPhone 6/5s」や「iPod touch (第5世代)」との比較ベンチマークテストの結果を公開しています。


th_ipod-touch-l-201507_GEO_JP

ベンチマークテストはCPU性能を測定する「Geekbench」、JavaScriptベンチマークテストの「SunSpider」と「Google Octane」と「Kraken」、GPU性能を測定する「GFXBench」と「3DMark」で実施されており、JavaScriptのベンチマークについてはiOSデバイス以外に、「Moto X」や「Galaxy S5」、「Nexus 5」などとの比較結果も掲載されています。

ベンチマークテスト結果に行く前に、各デバイスのプロセッサとその仕様は下記の通り。

モデルプロセッサ(動作周波数)RAM
iPod touch(第6世代)A8(1.1GHz)1GB
iPhone 6A8(1.4GHz)1GB
iPhone 6 PlusA8(1.4GHz)1GB
iPhone 5sA7(1.3GHz)1GB
iPod touch(第5世代)A5(800MHz)512MB

まず、CPU性能とJavaScriptのベンチマークを見る限り、良い場合と悪い場合があるものの、「iPhone 5s」とほぼ似たような性能となっています。

charts.001-980x720
charts.002-980x720
次に、GPU性能ですが、「GFXBench」のベンチマークは”ONSCREEN”は各端末の画面解像度などが考慮されており、”OFFSCREEN”は各端末ごとの画面解像度の違いが影響しないテストとなっており、”ONSCREEN”のテストでは画面サイズの小ささなどから「iPod touch (第6世代)」が「iPhone 6/6 Plus」を上回る結果となっています。

そして、”OFFSCREEN”のテストでは、「iPhone 6/6 Plus」とほぼ同じスコアとなっています。

charts.004-980x720
charts.005-980x720
なお、Arstechnicaではこれらの結果から、もし携帯通信を必要としない場合、「iPod touch (第6世代)」は理想的なモバイルゲーム機だと結論づけています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で