Microsoft、スペインで8.9インチのWindowsタブレットを発表 ー レアル・マドリードとコラボした限定モデル

Microsoftが、スペインで8.9インチの新しいWindows搭載タブレット「Windows Tablet Real Madrid Edition」を発表しました。
frente_1600x1200-800x600
Microsoftのタブレットといっても「Surface」ではない普通のWindowsタブレットで、「Windows Tablet Real Madrid Edition」という名前からも分かる通り、スペインの名門サッカーチーム「レアル・マドリード」とコラボした限定モデルとなっています。

Microsoftとレアル・マドリードは2014年に提携を発表しており、Microsoftが「レアル・マドリード」の戦略的テクノロジパートナーになっているので、その関係から生まれたモデルと考えられます。

estadio_home
なお、「Windows Tablet Real Madrid Edition」は本体背面のデザインが3通り用意されており、レアル・マドリードの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウのイラストやレアル・マドリードのエムブレムなどが描かれたデザインから選択できます。

また、レアル・マドリードの選手への独占インタビューやコミュニティにアクセス出来るアプリがプリインストールされていて、主な仕様は下記の通りで、タブレット単体の通常版(164.46ユーロ/約2.3万円)と、Bluetoothキーボードやケースが付属したプレミアム版(205,79ユーロ/約2.9万円)が用意されています。

・ディスプレイ:8.9インチ IPS LCD(1920x1200px)
・CPU:クアッドコア Intel Atom Z3735F プロセッサ
・RAM:2GB
・ストレージ:32GB
・メインカメラ:500万画素
・フロントカメラ:200万画素
・無線:Wi-Fi 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
・バッテリー:6700mAh
・寸法:233.2×148.2x8mm
・重さ:369g


[via Neowin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で