Apple、同社初の円建て社債を発行することを決定 ー 2500億円を調達へ

本日、日本経済新聞が、Appleが同社初の円建て社債を発行することが決定したと報じています。

apple-sign-sky
償還期間は2020年までの5年で、2500億円を調達し、資金は自社株買いなど株主還元の原資に使うほか、日本での事業拡大にも振り向ける方針とのこと。

主幹事はゴールドマン・サックス・インターナショナルと三菱UFJフィナンシャル・グループが務め、地方銀行や生命保険など国内の機関投資家を中心に販売するものの、海外の投資家も購入できる「グローバル円債」として発行され、表面利率は年0.35%になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で