「Apple Watch」の診断用ポートを使用するバッテリー内蔵ベルト「Reserve Strap」がデモ映像を公開

9 to 5 Macによると、「Apple Watch」の診断用ポートを利用するバッテリー内蔵ベルト「Reserve Strap」のデモ映像が公開されました。

reserve-strap-01
デモ映像では、後半部分で実際に診断用ポート(6ピンポート)を使って充電した場合と、本来のMagSafe(電磁誘導充電)を利用して充電した場合の充電速度の比較が映っており、診断用ポートを使った方が若干速く充電されるようです。

また、上記画像の通り、新たな本体デザインも公開されており、診断用ポートを使用する事でよりスッキリとしたデザインになっています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で