任天堂、スマートデバイス向けのIPタイトルを2017年3月末までに5タイトル程度展開へ

任天堂は今年3月にスマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営及び多様なデバイスに対応した会員制サービスの共同開発に関する業務・資本提携についてDeNAと合意した事を発表しましたが、本日、同社が決算説明会を開催し、年内に任天堂IP(知的財産:ソフトやキャラクター)を利用したアプリ第1弾のサービスを開始し、2017年3月末までに5タイトル程度を展開する予定である事が明らかにされました。

n2
また、一体型メンバーズサービスについては、ニンテンドー3DS、Wii U、そして、現在開発中の新しいコンセプトのゲーム専用機NX、そして、スマートデバイスやPCなど、複数のデバイスを統合するものになり、詳細は改めて説明が行われる予定ですが、任天堂のゲーム専用機とスマートデバイスアプリで共通のIDが利用可能になるとのこと。

n3
[via 任天堂

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で