Appleのアンジェラ・アーレンズ氏、2014年に米国で最も稼いだ女性に

Bloombergによると、米Appleの直営店及びオンラインストア担当シニアバイスプレジデントであるアンジェラ・アーレンズ氏が、2014年に米国で最も稼いだ女性だった事が分かりました。

ahrendts
同氏は2014年春からAppleで正式に働き始めており、同氏が2014年に稼いだ額は、前職であるバーバリーでの報酬を含めると総額で8,260万ドル(約100億円)になります。

また、2位はOracleのサフラ・キャッツ社長で、稼いだ額は7,120万ドル(約86億円)になるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で