「MacBook Air (Early 2015)」は4K@60Hzの出力に対応している事が明らかに

Appleは先日発売された「MacBook Air (Early 2015)」は4KディスプレイおよびUltra HD TVに接続可能であるものの、MST (マルチストリームトランスポート) モードで60Hzの出力には対応していない事を明らかにしていますが、Ars Technicaが実際に確認したところ、特別な設定など必要無く60Hz出力が可能だった事が分かりました。

71beae0843ecf67b0b12c53225c8617d79de5081_xlarge_2x
同モデルに採用されているGPUの「Intel HD Graphics 6000」は、「DisplayPort 1.2」接続で4K@60Hzの出力に対応している事が分かっており、実際に「MacBook Air (Early 2015)」の13インチモデルにThunderbolt 2 ポート経由でDellの「P2415Q」を接続してテストした結果、リフレッシュレートが60Hzとなった事が確認されました。

なお、接続は問題ないものの、ミッションコントロールやフルスクリーンモードに切り替えた際にフレームレートが落ちるそうで、パフォーマンスなどを考慮した結果、Apple側では非対応と案内しているものと予想されます。


[via Appleちゃんねる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200