2014年の国内スマートフォン出荷台数シェア、Appleが3年連続で1位に

昨日、IDC Japanが、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2014年第4四半期(10~12月)、および2014年通年の出荷台数を発表しました。

Apple-iPhone-6-vs-Sony-Xperia-Z3-Compact
2014年通年の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年比7.7%減の3,659万台となり、ベンダー別ではAppleがシェア42.6%で3年連続となる年間第1位を獲得しており、2位はシャープで13.8%、3位はソニーで10.3%、4位は京セラで10.2%、5位が富士通で7.2%となっています。

また、スマートフォンの2014年通年の出荷台数は前年比12.4%減の2,654万台となり、ベンダー別ではAppleがシェア58.7%で1位を獲得し、2位はソニーで14.2%、3位はシャープで11.4%、4位はSamsungで4.7%、5位は京セラで4.5%となっています。

なお、IDCのレポートでは2014年第4四半期の国内携帯電話出荷台数やベンダー別シェアの情報も掲載されているので、是非ご覧下さい。


[SOURCE, IDC JAPAN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200