12.9インチ版「iPad」は今年第3四半期に量産開始

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、12.9インチ版「iPad」は2015年第3四半期(7~9月)に量産が開始され、液晶ディスプレイには酸化物半導体TFTの技術が採用されるようだと報じています。

12_9_ipad_macbook_air-800x450
12.9インチ版「iPad」向け液晶パネルは、Samsung、シャープ、LG Displayがサンプルを供給しており、その中でもシャープがメインサプライヤーとして期待されており、LG Displayが2番手になる可能性が高いとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200