Apple、米カリフォルニア州モントレー郡に新しいソーラーファームを建設へ − 「Apple Campus 2」や直営店に電力を供給

9 to 5 Macによると、Appleのティム・クックCEOはGoldman Sachs Technology and Internet Conference in San Francisco 2015に参加し、その際に米カリフォルニア州モントレー郡に新しいソーラーファームを建設するプロジェクトを発表しました。

overview_hero_image
Appleは既にカリフォルニア州メイデンなど3カ所にソーラーファームを建設していますが、今回のソーラーファームはAppleでは過去最大の規模となっており、2016年の完成に向け建設中の新本社キャンパス「Apple Campus 2」や55の直営店、データセンターなどに電力を供給する予定とのこと。

なお、同ソーラーファームの面積は約1,300エーカー(約5㎢)で、建設費用は8,500万ドル(約100億円)になるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200