Apple、「iOS 9」では新機能の追加より安定性の向上や最適化を重視か

VMware Fusion 8.5

9 to 5 Macが、今秋にリリースされるであろう次期iOSこと「iOS 9」は、新機能の追加ではなく、安定性の向上や最適化に焦点をあてて開発されている事が分かりました。

iOS-9-main
去年リリースされた「iOS 8」はリリース後にバグの多さから苦情が相次ぎましたが、「iOS 9」では新機能の追加よりもバグフィックスや安定性の向上、パフォーマンスの向上に焦点をあてて開発されているとのこと。

また、16GBモデルユーザーがアップデートの際にアップデートのファイルサイズが大きくアップデート出来ない問題も話題になりましたが、「iOS 9」ではOSのファイルサイズを改善する事にも取り組んでいるそうです。

ただ、何も新機能がないという訳ではなく、Appleも引き続き複数の新機能を開発しており、「WWDC 2015」でのエキサイティングな新機能の発表も期待されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で