「OS X Yosemite」のWi-Fiに関する不具合、「10.10.2」へのアップデート後も改善していないとの報告も

先日にリリースされた「OS X 10.10.2」ではWi-FIが接続解除される問題が解決されると案内され、実際に不具合が改善したという声も聞いていますが、「OS X 10.10.2」へのアップデート後もWi-Fiに関する不具合を報告するユーザーがまだまだいる事が分かりました。

yosemite
問題を報告するユーザーによると、Wi-Fi接続が不安定になったり、突然解除されたりするようで、一部ではBluetoothをオンにするとWi-Fi接続が出来なくなる問題も報告されています。

Apple側も改善に向け動いているものと予想されますが、もう少し長引きそうな予感です。

[via Macworld

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200