Samsung、次期iPhone向けの「A9」プロセッサを供給へ

VMware Fusion 8.5

Reuterによると、韓国の毎日経済が半導体業界関係者の話として、SamsungがAppleの次期iPhone向けの「A9」プロセッサを供給する主要サプライヤーになるようだと報じた事が分かりました。

apple_a9
Samsungは生産の約75%を担当し、米テキサス州オースティンの工場で生産するとのこと。

これまで「A9」プロセッサの注文はSamsungとTSMCが争っていると報じられてきましたが、今年初めにもSamsungとGlobalfoundriesが「A9」プロセッサの注文の過半数を獲得したようだとの報道もあり、どうやらSamsungに軍配があがった可能性が高そうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で