「iPhone 6」、地上30㎞の成層圏まで行き、無事に帰還

「iPhone」用の耐衝撃ケースなどを販売している米Urban Armor Gear社が、同社のケースのプロモーションとして、気象観測気球を使って「iPhone 6」を宇宙の玄関口とされる地上30㎞の成層圏まで飛ばした際の映像を公開しました。

SS 2015-01-16 7.17.02
地上30㎞となると、温度は約−30度、風速は約110㎞という過酷な環境になり、「iPhone 6」も寒さから一時は凍ってしまったようですが、同社の耐衝撃ケースに入った「iPhone 6」は無事に帰還し、ディスプレイも割れておらず、問題なく起動した模様。



[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200