12インチ版「MacBook Air」と「iPad Pro」、「USB3.1」とリバーシブルタイプの「USB Type-C」を採用か

台湾の工商時報が、業界筋の話として、Appleが2015年初頭に投入予定の12インチ版「MacBook Air」と2015年第1四半期(1〜3月)に投入予定の12.9インチ版「iPad」で「USB3.1」とリバーシブルタイプの「USB Type-C」を採用するようだと報じています。
12_9_ipad_macbook_air-800x450 また、12インチ版「MacBook Air」はファンレス設計で、Broadwellプロセッサを搭載し、「iPad Pro」には「A8X」プロセッサが搭載されるものとみられており、両モデルのプロセッサは「USB3.1」を標準ではサポートしていないものの、サードパーティ製のコントローラーICチップを搭載する事でサポートするとのこと。

「iPad Pro」で「USB3.1」と「USB Type-C」を採用する理由は、教育機関や法人ユーザーを意識した為だそうですが、個人的に「Mac」で「USB Type-C」の採用はあっても、「iPad」でLightningコネクタをやめて「USB Type-C」を採用する事は現時点ではないと思っています。

[via EMSOne

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200