Apple非公認の充電アダプタ使用で「iPhone 5」のICチップが損傷を受ける可能性が浮上

Appleは安全性の問題から「iOS」デバイスに承認していないサードパーティ製電源アダプタを使用しないよう警告していますが、MacRumorsによると、Apple非公認のサードアーティ製電源アダプタ(充電器)を使用すると「iPhone」のチップが損傷し、充電や起動ができなくなる可能性がある事が分かりました。
iPhone-5-U2-1 英国の修理会社mendmyiの報告によると、損傷を受けるのは「iPhone 5」のバッテリーやスリープ/スリープ解除ボタンなどを制御し、充電パワーICへの充電電力を調整する「U2 IC」チップで、「U2 IC」チップが壊れて充電出来なくなった複数の「iPhone 5」を調査したところ、サードパーティ製の充電器とUSBケーブルが原因である可能性が高く、電圧や電流を適切に適切に調整出来ていない事から同チップを壊してしまうようです。

この問題が「iPhone 5」だけに限られているのかは不明ですが、恐らく「iPhone 5」と同じ部品を採用している「iPhone 5c」でも同様の事が一部で報告されており、「iPhone 5s」に関しては「iPhone 5」とは違う「U2 IC」チップを採用しているそうです。

もし、MFi(Made for iPod/iPhone/iPad)ライセンスプログラムの認定を受けていない充電器やLightning-USBケーブルを使用している方はご注意を。

[Photo Credit:mendmyi

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200