「iOS 8」のマップアプリの改良が「WWDC」に間に合わなかった理由は、開発者不足や社内政治が原因か

「WWDC 2014」の開催前には「iOS 8」ではマップアプリが大幅に改良され、データベースの向上や乗り換え案内機能の搭載などが噂されてきたものの実際にはこれらは発表されず、中国向けに新しいベクトル地図がリリースされ、いくつか中国関連の地図機能が追加されたことだけが発表されましたが、発表されなかった理由はAppleの人事に関する問題が影響していた模様。
mac_ios7_map_icon TechCrunchによると、「WWDC 2014」にマップアプリの改良が間に合わなかった理由は人事の問題と言われており、多くの開発者が会社を辞め、「iOS 8」のリリースに向け計画されたマップアプリの改良は間に合わなかったそうです。

また、プロジェクトマネージャやエンジニアプロジェクトマネージャらのタスク管理能力にも問題があったようで、開発者が辞めた事よりもプロジェクト管理や社内政治の方が大きく影響していたと情報筋は述べているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200