新たなイースターエッグ、「Swift」のファイルアイコンにも「Think Different」

「WWDC 2014」で発表された新しいプログラミング言語「Swift」のドキュメントは独自のファイル拡張子「.swift」が採用されているのですが、その「Swift」のドキュメントファイルのアイコンに、往年のAppleのCMキャンペーン「Think Different」の一文が書かれている事が分かりました。

そのアイコンファイルが下記画像ですが、「Think Different」の冒頭の一文である「the crazy ones」(クレージーな人たち)、「misfits」(はみ出し者)、「rebels」(反逆者)、「troublemakers」(厄介者)がコードとして書かれている事が分かります。
swiftdoc2
Appleはこれまでにも「OS X」の「テキストエディット」のアイコンや「Keynote」のアイコンにも「Think Different」の文章を記載しており、こういうイースターエッグ的なものは面白いですね。

[via 9 to 5 Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200