Apple、「WWDC」でスマートホームのための新しいソフトウェアプラットフォームを発表か

Financial Timesが、匿名の情報筋の話として、Appleは来週に開催する「WWDC 2014」にて、「iPhone」を家電製品やセキュリティシステムのリモコンとして利用可能になるスマートホームの為の新しいソフトウェアプラットフォームを発表するようだと報じています。
nestapp Appleはこのプラットフォーム用の電化製品やアクセサリーを提供する複数のデバイスメーカーと協力していると言われており、このプラットフォームを利用例としては、ユーザーが帰宅した際にユーザーの「iPhone」を検出し、家の複数の電気が自動で点灯するようになるかもしれないとのこと。

[via 9 to 5 Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200